医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療事務の意外なやりがい

医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜
医療事務は、医療の資格のなかでも人気のひとつとうたわれており、資格取得のための通信講座や大手スクールのチラシをみても、だいたい医療系の人気トップ3に入っているのではないでしょうか。
その理由としては「再就職がしやすい」「シフトの融通がきく」「専門知識をいかせるので普通の事務職よりやりがいがある」「収入が安定している」などですが、実情としてはレセプト作成などの専門知識よりも、患者と密接にかかわり合うためのホスピタリティマインドがあるかどうかが試されるようです。
ほかにも「医療器具の管理・発注」「電話対応」「カルテの管理」「医師の秘書業務」など、ほとんど一般職OLと変わらない仕事内容です。
もちろん専門知識がいらないというわけではないですが、診療報酬請求事務や、個人情報、カルテ、医療情報などのデータ管理は、スペシャリストとしてメディカルクラーク、ドクターズクラーク、診療情報管理士などの資格取得者が雇われますから、実際はほとんど事務作業と患者とのコミュニケーションなのです。
また、度重なる医療保険制度改革によって、病院側が資格の有無よりも経験重視で人選する傾向があり、女性にとって再就職しやすい反面、資格がなくても受かってしまう、という矛盾もあります。
最近では医療事務をそれ専用の請負会社に一括委託している病院もあり、請負会社に就職する、という人もいるようです。
ただ、患者と密接にかかわり合うことに医療従事者としてのやりがいを感じるひとも多く、結果的に人気が高い理由かもしれません。
Copyright (C)2017医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜.All rights reserved.