医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性が生きる資格

医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜
高齢化社会にともなって、介護福祉分野での男性志望人数が増えてきている、と話題の昨今ですが、逆に医療の資格においては、女性のつよみを生かした資格というのも多いのです。
もちろん体力勝負なのは介護福祉分野と変わらないのですが、女性独特のケア精神や事務作業の緻密性、母性本能などが本能的にたくさんの患者を救っていることも事実です。
具体的な資格名でいえば、助産師、看護師、保健師、登録販売者、医療事務、といったところです。
助産師は、本人も出産を何度か経験していることが多く、どんなハプニングがおこっても患者さんを安心させる、という役割が期待されています。
看護師は忙しい作業のなかにも、それが事務作業と化さないよう、患者さんの少しの変化にも気づくような訓練がされています。
保健師は、保健所や学校で勤務し、健康についての相談をうけたり、健康診断を企画したり、異常がないと思っているひとたちに、体の異変を知らせてあげるお仕事で、ボランティア精神が期待されます。
医療事務には、医療秘書、メディカルクラーク、ドクターズクラーク、調剤事務管理士などがあります。
特に、病院やクリニックの受付で、会計作業やカルテの管理をしたり、パソコンを使って患者のカルテやレセプトを作成するお仕事です。
特にこの医療の世界は診療報酬制度が特殊なので、治療費の請求書やカルテの管理・作成に人材を求めています。
女性は事務作業を要領よくこなせる人が多いので、企業からの求人や就職率も安定しています。

教育・医療の資格関連情報。このホムペを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜.All rights reserved.