医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

現場が語る薬剤師の実情

医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜
頑張って勉強してあこがれの医療の資格をとったものの、いざ就職してみたら予想外のつらさがあった、ということは、医療界に関わらずすべての社会人が共通して感じるものかもしれません。
医療の資格といっても名前や仕事内容が似ているものもたくさんあり、資格案内本だけでは実際の雰囲気がわからないと思うので、ある程度現場の声を参考にしてから決めても遅くありません。
特にお伝えしたいのが、薬剤師です。
これは主に6年制の薬学部か薬科大学を卒業する必要があり、MR(医薬情報担当者)の資格を目指すのが常識となってきましたが、実際のところMRといっても、研究職というよりは病院に薬を売り込む営業マンとしての才能が必要になります。
というのも、新薬の開発は10件に1件当たれば良いほうであり、開発費用も数億円単位でかかるので、製薬会社としては病院と自分たちとのコネクトをつくり、安定して患者をまわしてもらうルート作りが最優先なのです。
調剤薬局やドラッグストアには女性従業員の割合が多く、医薬分業システムになってからは店舗ごとの自由度もあがり、医師の管理下にあったとき独特の束縛はなくなりましたが、人件費の安い「登録販売者」が増えたことで、店舗としては「薬剤師」を切り捨てて経費削減することが多いようです。
ただ、良い点としては、転職や再就職がしやすいことで、特に調剤薬局と病院間の転職が多く、良い上司と良い勤務環境を求めてフレキシブルに動けます。
薬局よりも収入が安定しているので、育児休暇後の女性には人気の枠です。

教育・医療の資格関連情報。このホムペを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017医療業界の将来性について〜どんな資格を取ればいい?〜.All rights reserved.